【大学受験】E判定でも大学受験に合格する方法【直前編】|千葉市の大学受験なら学習塾本塾

query_builder 2022/01/25
塾長ブログ
23224976_s

幕張本郷の学習塾本塾ミズシマです。


大学受験のシーズンとなりました。

共通テストも終わり、大学受験も一般入試に突入します。


学習塾本塾は大学受験に対応していますので、生徒が毎年大学に合格していきます。

その中で、周りには絶対受からないと言われながら逆転合格を果たす生徒がいます。

その生徒のほとんどが、第一志望がE判定を経験していますし、直前までE判定のままで合格しています。


本塾で逆転合格している生徒の記事をご覧になりたい方は以下の記事をご覧ください。


【合格体験記】偏差値20非進学校男子、奇跡の大学受験合格|千葉市の大学受験なら学習塾本塾


【合格体験記】偏差値30から北里大学獣医学部に逆転合格!|千葉市の大学受験なら学習塾本塾


【合格体験記】偏差値30から神田外語大学外国語学部に逆転合格!|千葉市の大学受験なら学習塾本塾



E判定でも合格する生徒は受験する前にわかる!?


長年、大学受験生たちを指導してきて思うことは、E判定でも「この生徒は受かるかも!」と思わせる生徒と、A判定~C判定を取っていても「この生徒は受かるか危ない」と思わせる生徒がいて、その勘は非常によく当たるということです。


つまり、判定に関わらず、受験に合格しやすい生徒としにくい生徒がいます。

受験をする上でいくら判定が良くても、「油断してはダメだよ。」と再三伝える生徒もいれば、E判定でも「まだ望みはあるからあきらめるな!」という生徒もいるのです。


ですから、同じ判定でも志望校を変えることをお勧めする生徒もいれば、変えずに行くことをお勧めする生徒もいるわけです。




判定以上の実力を発揮する生徒と実力を発揮できない生徒


入試直前にこの記事を見ている受験生がいるかもしれません。入試直前の人に伝えたいのは、入試に対する姿勢で実力以上を発揮できるのか、実力さえも発揮できないのかが分かれていることです。


今まで受験生たちを見てきて、受験で実力以上を発揮して合格している人たちの特徴をお伝えします。

今からでも姿勢や心構えは変えられるかもしれませんよ。


判定以上の実力を発揮する方法【直前編】


予備校講師、高校教師、塾長と経験してきた私が判定以上の実力を発揮する方法を伝授しますね。直前でも変えられることを含んでいますので、今からでも実力を発揮できるようになれるかもしれません。



①「諦めないこと」


判定以上の実力を発揮するのに一番必要なのは「本人の意識」です。「絶対志望校に合格したい。」という気持ちが大事です。

E判定である以上、高校は受験を反対します。本塾の合格者が大学合格の報告をすると、驚かれるか信じてもらえないかです(笑)

親も反対しながらしぶしぶ受験をOKすることもあります。周囲の反対を押し切ってでも受かりたい気持ちがある生徒がE判定でも合格する可能性が高い生徒です。



②できないことを認める「謙虚さ」


模試が返ってきた時に、保護者に見せずに隠したり、塾で見せる時に、「調子が悪かった」などと言い訳する生徒は、判定以上の実力は出ません。

模試は、自分の弱点を把握するためのもので、判定が悪くても、その模試でできなかった範囲や問題形式が全部できるようになれば受かるので、全然恥ずかしくないのです。


自分の実力を冷静に認め、それをどうにかしようと頑張る姿勢がある生徒は、成績はどんどん上がります。

本塾では、自己判断させるのではなく、模試の成績は分析して、本人に指示しますし、さらにカリキュラムも結果に応じて変更するので、それに謙虚に向き合うことができれば、成績UPは約束されているのです。



③家族の応援


この記事を見ている受験生の家族がいらっしゃいましたら、是非心に留めておいてほしいことがあります。

それは家族の応援が判定以上の実力を発揮する一つの重要な要素であるということです。

家族が合格を信じているかが子どもの合格率を変えていると本気で信じています。


学習塾本塾には、毎年、保護者様が面談を希望してやってきます。「本当に合格できるんでしょうか?」「この学校を受けさせていいんでしょうか?」

私が丁寧にご説明することは、学力分析や学習の進捗なのですが、理由は、「子どもを信じられるデータを与える」ことです。

最終的に、A判定でも落ちる子どもはいますし、E判定でも受かる子どもがいます。ですからどんな判定でも、親子で相談の上、納得して受けさせればよいのです。


入試直前に、「絶対受かってくれるんだろうな!受かってくれないと困るんだよ。」と親に詰め寄られたと話していた生徒がいました。その生徒は残念ながら大学に不合格になり、3月入試もあきらめてしまいました。


反対に「本塾にお任せしているので子どもを信じます。」と言っていただける保護者様の子どもは、判定以上の実力を発揮して合格するケースが多いのです。



④やりきった自分を褒めること


誰の手を借りなくても本人ができることがあります。それは、「頑張った自分を自分で褒めること」です。

私はコーチングを学んで、プロコーチの資格を持っていますが、コーチングのスキルの一つが「褒める」ことです。

褒めると言ってもただ褒めればいいというわけではありません。ほめ方も人によって感じ方が様々です。

結論から言うと、子どもも大人も、本人が満足する褒め方はなかなかしてもらえないですし、そもそも、日本人はあまり褒めないですし、高校生になれば、子どもを親が褒める回数も本当に減っているでしょう。


ですから、生徒(子ども)は自分で自分を褒めるしかありません。もうちょっとできたかなという後悔はあるかもしれませんが、おそらく人生でこんなに勉強したことがなかったというくらい勉強したのですから、その成果を感じ、精一杯悔いのないように受験することに専念すればいいのです。

そうすれば、判定以上の実力を発揮して合格できるかもしれないのです。



⑤きちんと大学や学部の問題傾向を分析して対策をしていること


当然、努力もせずに、ただ自分が受かると信じているだけではただの神頼みです。そして、闇雲にただ勉強するだけではどんな判定でも受かりません。特に、最近の大学受験は知識的な難易度よりも、問題形式が難しくなっていますので、ただ勉強をしただけでは、点数が上がらないのです。逆に、問題形式をどうクリアするのかわかると爆発的に点数が伸びることがあります。


きちんと過去問を解いた後に分析をして、ただ解答を見て一喜一憂するのではなく、その問題を解くために何が足りなかったのか?どんなところを注意して解けばいいのかを分かっているかが、判定以上の実力を出す上で一番重要なのです。


学習塾本塾では、大学受験生は個別のカリキュラムでマンツーマン指導するため、入試までの期間でしっかり実力をつけることが可能ですし、一人ひとりの志望大学の傾向を分析し、直前までどう勉強をすればいいのかアドバイスしていきます。




大学受験でお困りの方は学習塾本塾までご相談ください。



無料相談、無料体験実施中です。
お申込みは本塾HPトップにあるお申込みフォームからお申込みいただけます。



自考学習塾 本塾 (JR、京成幕張本郷駅南口徒歩3分 )

お問い合わせ
TEL:0120-261-123

自考学習塾 本塾のホームページ:http://honjyuku.com/

Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/honjyuku.makuhari/
Twitterページ:https://twitter.com/honjyuku2016
Instagram:https://www.instagram.com/honjyuku/




NEW

  • 【中1理科】植物の分類の覚え方|幕張本郷・西船橋の個別指導なら学習塾本塾

    query_builder 2022/07/28
  • 【第3回総合テスト葛飾中3年社会】地形図に注意!|西船橋の個別指導なら学習塾本塾

    query_builder 2022/07/27
  • 夏季休業のお知らせ|幕張本郷・西船橋の個別指導なら学習塾本塾

    query_builder 2022/07/23
  • 【千葉県立高校合格への道】幕張総合高校に合格する方法|幕張本郷・西船橋の個別指導なら学習塾本塾

    query_builder 2022/07/23
  • 【子育て】子どもに何を遺してあげられるか|幕張本郷・西船橋の個別指導なら学習塾本塾

    query_builder 2022/07/22

CATEGORY

ARCHIVE